ホーム 会社概要 リフォーム 雑誌掲載 公共事業 お問合せ


 
 


三興吉川の イチオシ!湘南アスリートに訊く!
第8回 近藤義忠さんインタビュー
近藤義忠さん 近藤義忠さん

<プロフィール>
本 名 : 近藤 義忠 (こんどう よしただ)
誕生日 : 1981年1月20日
出身地 : 平塚
種 目 : ボディーボード
H P : http://www.surfday.tv/yoshitada_kondo/
FaceBook : https://www.facebook.com/yoshitada.kondo

<戦績>
国内ツアーで6度のグランドチャンピオン
2011年 ワールドボディーボードチャンピオンシップ6位
2012年 IBA ワールドツアー、パイプチャレンジ9位


<近藤義忠さんインタビュー>
第8回目の湘南アスリートは、ボディーボードでご活躍の近藤 義忠(こんどう よしただ)さんです。

吉川 よろしくお願いいたします。
近藤 近藤 義忠です。よろしくお願いします。

吉川 近藤さんは平塚出身の方ですよね?
近藤 はい、地元平塚で生まれ育ち、ボディーボードを始めたのも平塚で、中学生の時に友達がボディーボードをやっていて、放課後一緒にやろうと誘われたのが始めたきっかけです。中学は浜岳中学校だったので、海はすぐそばで楽しくて夢中でした。

近藤義忠さん

吉川 中学から始められたのですね。私とお会いしたのはプロになってからですね。
近藤 コンテストに出るようになって、プロになり、世界を目指し、昨年ハワイのビッグウェーブのコンテストで9位入賞しました。 その後、帰国したら後輩サーファーで平塚市議会議員の数田氏の紹介で、地元平塚のアスリートを応援している企業があるということで、吉川さんとお会いしました。

近藤義忠さん&吉川専務

吉川 平塚は海もあり、ボディーボードをやっている人は多いと思いますが、ボディーボードの魅力はなんですか?
近藤 起源は1970年始めのハワイで開発したのはトム モーレー氏。100センチ前後の短いボードでプローンスタイル(腹這い)になり、スイムフィンを履いてキッキングし、立つ動作を省く事でテイクオフが速くなりショアブレイクのように、急激に掘れあがる波にも楽に乗れるようになりました。 プローンスタイルは水面に顔が近いので、スピード感が半端じゃなくスリリングです。醍醐味は何と言ってもチューブライドで波のトンネルをライディングすることです。 フルスピードでダウンザラインから、ねじ込むようにターンし波に包まれ、出口に見える景色は自分だけにしか見る事のできない絶景なので是非体験してほしいです。

吉川 チューブライドの景色を見てみたくなりました!最後に今後の目標はズバリなんですか?
近藤 夢はワールドチャンピオン!地元平塚で練習した成果を活かし、世界の波で戦いたいです。 ボディーボードは自然が相手のスポーツなので、自分もボディーボードを通じて、海、自然の素晴らしさを学んできました。
引退後は夏にボディーボードの体験教室を開き、子供たちにボディーボードを通じて、海に触れ合ってもらい、自然の素晴らしさ、大切さをつたえていきたいと思います。

吉川 ワールドチャンピオン期待してます!これからも応援していきますのでよろしくお願いいたします。

近藤義忠さん
ページTOPへ